健康づくり

「健康」とは単に病気でないことをいうのではありません。病気のことをよく理解し、健康な暮らしづくりのために生活を作り変え、健康を阻害する環境や仕事・職場や地域の状況に目を向けて、「地域丸ごと健康」を目指さなければなりません。 そして「地域丸ごと健康」とは、皆でよく考え、助け合って生きていける活動があってこそ達成できるものです。 医療福祉生協の理念に沿って健康づくりでの様々なチャレンジを行っています。

健康づくり活動とは

ひとりでは健康になれません。「地域まるごと健康」になるには?…少子化・高齢化がすすむ中で、みんなで力を合わせて助け合って暮らすことが大切です。「自分の健康をつくり出すのは自分」。しかし、自分ひとりが健康であっても、それは本当の意味での健康とは言えないのではないでしょうか?
「one for all, all for one~あなたの元気は自分の元気~」。「暮らしの中でのたすけあい・支えあい」。こういった観点から、医療福祉生協は「明るいまちづくり」に力を入れています。

保健予防活動(健康チェック)

血圧測定や尿チェックなど、班の仲間や家族同士が、日々の暮らしの中で行います。高血圧や糖尿病といった成人病が増えてきている今日、こうした日頃からのチェックが、病気の予防・早期発見につながります。そこで気になることを見付けたら、身近な医療福祉生協の病院・診療所にすぐ相談することが出来るのも、医療福祉生協ならではの健康づくりです。

Copyright© 2012 北野田医療生活協同組合 All Rights Reserved.Produced by ©UmedaPrinting.